小説-モノトーンの黒猫

 

嫌われる覚悟はできている。
大切だから、さようなら。

 

高校に入学するのを機会として、結衣は生まれ育った土地を離れた。

親しかった友人に別れも告げず、逃げるように、人知れず。

過去の失敗を重く受け止め、当たり障りのない人間関係の下で高校生活を過ごそうとしていたはずが……。

結衣にとって新天地は、これまで生きた環境とあまりにも違う世界だった。

 

しおり機能(cookie使用)

*短編・番外編へ*


*本編*

prologue

皇龍編上

  1-   

  2-   

  3-    

  4-      end.

  After-    end.

皇龍編下

  1-   

  2-  

  3-    

  4-  

  5-    

  6-   end.

  Afterー 

 

モノトーン編上 

  1-    

  2-  

  3-   end.

モノトーン編中

  1-  

  2-   

  3-    

  4-   

  5-      

  6-   end.

モノトーン編下

  1- 

  2-    

  3-   

  4-      

  5-       

  6-      

  『末路』

  7-   end.

 

間章 「被り物を捨てる」

      

      10 11 end.

幕間 「秋の夜道」

 

龍華編上

  1- 

  2-     

  3-  

  4-    

  5-  end.

龍華編下

  1-   

  2-    

  3-     

  4-   

  5-  end.

 

  epilogue

 


*短編・番外編*

短編
冬の霧 結衣と凍牙。ほのぼの。
初夢  凍牙視点。正月のはなし。
初詣  結衣と静さん。年始の初出勤。
柳さんと凍牙 凍牙視点。ほのぼの。
柳さんと結衣 いつもの。
肝試しのリスク 結衣とマヤと静さんと。

 

本編After「いわれ」
 本編終了後すぐの物語。

         

    10 11 12 end.

 

本編After2「傷の最初は誰も知らない」
  本編終了後の物語、ふたつめ。

   

 

 

*本編裏話*

 1.柳さんの祭り
  モノトーン編下2-5終了後。柳さんの暴走。
 2.優しい兄の裏側
  本編After「いわれ」終了後。涼くんの裏の顔。
 3.その心の名前は
  モノトーン編中5-7終了後。凍牙視点。
 4.怒りの矛先、行方は知れず1  
  皇龍編、結衣のクラスメイト視点。
 5.思いが迷子1   4
  皇龍編終了後のはなし。

 

巡り縁
モノトーンの黒猫本編開始前。凍牙と皇龍の出会い。

 1-T.Minakuchi

 2-A.Noda

 3-T.Enomoto

 4-M.Tuduki

 5-S.Higure

 epilogue-A.Noda end.

 

 

 

 


Copyright(C)Ibuki Morita