モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 モノトーン編下2-1

2-1

 

 

不幸な事故に見舞われた2日後、人手にならないかもしれなかったが、いつも通り朝からカプリスへと出勤した。

急に仕事を休んだことを静さんに謝るも、逆に体は大丈夫なのかと心配されてしまった。

右手首の捻挫は見た限りではなんともない。

だが左の手首と比べれば腫れているのは一目瞭然だった。

思うように動かせず、物を持つことすら難しい状態だ。

来店するお客さんに片手で接客するのも失礼な話だし、しばらくバイトは休んだ方がいいと思っていたわたしと違い、静さんは前向きだった。

 

「あら、だったら開店と閉店のお手伝いは出来るわね。片手だと時間はかかるかもしれないけど、わたしひとりでするよりは格段にいてもらったほうが助かるわよ。今日は土曜日で企業のお客さんは少ないだろうから、店はわたしに任せて結衣ちゃんには伝票整理をお願いするわ」

 

そう言われてしまうと、もはや静さんには感謝するしかない。

 

「ビルの清掃もしばらくはお休みね。こっちのほうは虎晴くんがいろいろしてくれてるみたいよ。あとは、空いてる時間は裏で宿題をやらなきゃね。学生の本分は忘れちゃだめよ」

 

静さんは人を甘やかすのがすごく上手かった。

開店作業を手伝い、釣銭の合計金額を確認してお金をレジに入れた。

時計を見ると時間は開店の5分前になろうとしている。

視界の隅に動くものを捉えてドアの横の窓に目をやると、ガラス越しに人の肩が見えた。

お客さんが開店を待っているようだったので、静さんに断りを入れて少し早いがドアの鍵を解錠する。

外で待つ人を迎え入れるためドアノブに手をかけた。

ゆっくりと20センチほど外に押し開けたドア。待機していた客であろう人物の顔を見るなり、わたしは考えるより先にドアノブを引いた。

 

「おおっと」

 

閉められるはずだったドアの隙間に、スニーカーが挟み込まれる。

 

「ひどいなあ。人の顔を見た途端入店拒否とか。この店は一見さんお断りなのかな?」

 

言いながら、そいつはわずかに開いた隙間からドアの淵に手をかけた。

 

「いいえお初のかたでもお一人様でも、気軽にご利用いただけますよ。ただ悪意を向き出しにしたストーカー予備軍の変態に関しては、多少なりとも難色を示すところがございますが」

 

全力でドアを引くが、靴を挟まれているためどうしても閉め出すことが出来ない。

 

「ストーカー予備軍は違うだろ。もうとっくの昔に両思いになってるんだし」

「そうか変態は否定しないか。ならばいっそ常軌を逸した行動にあいつが愛想をつかして、さっさと振られてしまえばいいものを」

「生憎と、彼女の心は海より広いからね。俺も、彼女だけは何があっても手放すことは絶対にない」

「ぬかせ。菜月を少しでも不幸にしてみやがれ。その瞬間にわたしがお前らの仲をぶった切る」

「そのセリフ、もう何十回と聞いたよ。まったく、久しぶりの再会なのに涙のひとつもないなんて俺ちょっと傷つくよ」

「こんな訪問販売の押し売りのようなやり方に感動なんて出来るかー!」

 

叫んだものの、こちらは全力といえど片手しか使えない身である。

対するドアの向こうにいるやつは両手。しかも男だ。

 

「まあ冗談のお遊びはこれぐらいにして」

 

わたしの必死さに遠慮の欠片も見せず、いとも簡単に入店した不意打ち男。

 

「改めて、久しぶりだね」

 

市宇成見は爽やかに微笑んだ。

 

 

続く


BACK  TOP  NEXT

Loadingこのページに「しおり」をはさむ