その他

モノトーンの黒猫 裏話―5.思いが迷子 1

思いが迷子 1




「おい」

昼休みも終盤に差し掛かったころ。

凍牙とともに校舎へ歩いていると、頭の上から低い声が降ってきた。

見上げれば凍牙は校庭の一角を見つめていて、視線の先を追えばマヤと、マヤの彼氏の姿があった。そしてマヤたちに向き合って、もうひとり。

「……あーあ」

遠くからでも分かる低姿勢な態度で、うつむきながら何度もマヤに頭を下げるその人物――同じクラスの森本さんの姿に、先日自分のした忠告はすべて無駄になったのだと悟る。

「見たことのある顔だな」

「原田さんのお友達だよ」

簡単な説明でも、一通りのことは察したようだ。ああ、と興味なさげにつぶやいて校舎へと戻る凍牙にわたしも続いた。

マヤのそばには三國翔吾がいるのだから、わたしが何かをする必要はないだろう。下手に割り込んで馬にけられるのはごめんだ。

「彼女、ちょっと前にわたしのところにも来たけど、正直こっちのためになることは何一つなかったよ」

そもそも謝られたところで、わたしは森本さんにひどいことを言われた覚えがないのだ。過去に彼女の行った行為で精神的なものも含めわたしが損害を被った事はなかったはず。

嫌われているという自覚はあったけど、それだけだ。

「原田の友人だったやつを、お前は許せるのか?」 

「彼女に対して怒りも憎しみもないのに、許すなんて心境の変化が発生するわけがない。どうしてその程度の相手をいつまでも気にかけなきゃいけないの」

「……あれだけ取り乱しておいて、原因を作ったやつは『その程度』か」

「その節は大変お世話になりました」

言い合いながら昇降口より校舎に入る。ちょうど、授業開始5分前のチャイムが鳴った。

「自分の価値観が少数派なのは分かってるよ。わたしが森本さんに禍根を抱いてなかったとしても、同じことをマヤに押し付けるつもりもない」

森本さんから、彼女と仲の良かった原田さんを。そして、あの日原田さんが差し向けた男たちがやらかした事件を連鎖的に思い出すことはたやすい。

今のマヤは平気そうに振る舞っていたとしても、心の傷はそう簡単に消えないだろう。ふとしたきっかけでフラッシュバックする可能性も捨てきれない。

だから、過去を蒸し返してしまう謝罪については慎重になれと森本さんに行ったはずなのだが。

「魔法の言葉『それでも、わたしは』が発動したっぽいね」

「なんだそれは?」

「先日森本さんとふたりで話した時、ちょっと気になったから突っ込んだことを言ってしまったんだよ。全く意味をなさなかったようだけど」

――高瀬さんにいろいろ言われて、謝って終わらせられることじゃないってのはよくわかった。だけど……、いろいろ考えさせられたけど、それでもわたしは、やっぱり津月さんに謝っておかないと気が済まない――、といったところか。

それでもわたしは。感情で理詰めを押し流せてしまえる、いい言葉だよ。

「まあ、マヤには彼氏さんが付いているから問題ない」

森本さんもこれで気が済んだら接触もなくなるだろう。

「心配してくれてありがとう」

階段をのぼりながら、隣にいる凍牙に言った。反応はない。

わたしが平気だからといって、他のひとも平気だとは限らない。これは凍牙にも通用する話だ。

凍牙が森本さんを不快に感じるならば、わたしは何らかの対処を考えるべきだろう。

1年のクラスがある階までたどり着いた。

間もなく5限目が開始されるため、廊下に人はまばらにしかいない。

「行動を起こすときは知らせろ。ひとりで解決しようとするな」

教室に入る別れ際、凍牙がそう言ってきた。

わたしの返事を待たず、凍牙は廊下の奥、自身の教室へと行ってしまう。

言い逃げか。

「……善処はしても、確約はしないよ」

凍牙が、マヤが、心穏やかにあってくれるなら、憂いの芽を摘み取ることに躊躇いはない。

ひとり呟いた言葉は棒読みの、心のこもらないものになってしまった。



続く


TOP  NEXT

Loadingこのページに「しおり」をはさむ