モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 龍華編上1-1

1-1

 

  ☆  ☆  ☆

 

俺が手にしたものは全てあいつが奪っていくのなら、何も持たなければいい。

そうすれば、悔しさやもどかしさを胸の内に抱かずに済む。

 

俺が必要としたものをあいつが欲しがるのなら、大切なもほど自分から遠ざけるべきなのだと――。

すっとそう、思っていた。

 

  ☆  ☆  ☆

 

10月のはじめ。残暑が長引く日中の太陽は柔らかとは言えず、容赦なく街を照らしつける。それでも、日が落ちた夕方以降はだんだんと寒さを感じるようになってきた。

紅葉の季節はまだまだ先になるだろうが、街の景色に少しずつ秋らしさが出てきた土曜日の今日。わたしはカプリスのバイトを開店準備だけ手伝って早退した。

かねてから決まっていたことなので、静さんには開店直前に快く送り出される。

カプリスから歩いて駅へと移動するも、待ち合わせの人物はまだ来ていないようだった。

約束の時間まで、あと20分ほど。駅に併設されたコンビニの前で立ち尽くす。

ちょうど電車が来たあとだったようだ。駅舎から出てきたジャージを着た同じぐらいの年頃の集団が、目の前を通り過ぎてバス停へと移動していった。

休日の朝9時前。

せわしなく動く人の波を観察していると、こちらに明らかな興味を示す視線を見つけた。

わたしを見ているのは顔も知らない若い男だ。

――またか。

この手の者には最近やたらと遭遇してしまう。

さりげなく顔をそらして気付かぬふりをしたものの遅かった。視界の端に男が近付いてくるのをとらえる。

左右の耳に大量のピアスを付けた、茶髪で軽そうな男だ。

あの人のファンはどうしてこういう輩ばかりなんだろう。

 

「こんにちは」

 

かけられた声に反応せず2、3歩横にずれる。

あたかも後ろの人に話しかけたのでしょう、というような体裁を取るも男はしつこかった。

 

「君だよね、あの柳虎晴さんや現役の皇龍が目にかけている女子高生って」

 

全くもって不本意かつ不愉快な覚えられ方だ。

少し前から、わたしはこんな感じで街で顔の知れた人間となってしまった。

それもこれも全てあのチャラくて小さい櫻庭先輩が、街の若者に向けておかしな情報を流したせいだ。

高瀬結衣のバックにはかの有名な柳虎晴が付いている。

あの女は現役の皇龍総長も認めるほどのつわものだ――とまあ、あることないこといろいろと。

櫻庭先輩がこの情報を広めたおかげで、春以来街中にあったわたしに対する微妙な敵意は全く感じなくなった。

その点については評価する。

一周回って嫉妬心から変なちょっかいをかけて来たやつらよりも何十倍もましかもしれないけど、それでもこの弊害はどうかと思う。

待ち合わせがコンビニ前なので遠くに移動は出来ず、無視してそっぽを向いてやり過ごすも男はめげることを知らない。

 

「高瀬、結衣ちゃんだったよね。写真でしか知らなかったけど、実際に見たほうが可愛いね」

 

思ってもないことを。

 

「俺さ、柳虎晴さんにすげー憧れがあるんだ。あの人がかつて街で暴れてた時の話なら結構知ってるし、結衣ちゃんとも気が合うと思うんだよね」

 

合うわけないだろう。

聞かずともはっきりしている。

この男が望んでいるのはわたしを通して柳さんのお近付きになることだ。

学校でのわたしの扱いとは正反対に、夏休みが終わる少し前から街に出るとこういった人がたまに寄ってくるようになった。

少し前までは隣にいてくれた人が睨みつけるだけでなんとかなっていたものの、いつまでも甘えてはいられない。

ひとりでなんとかするか、もしくは櫻庭先輩に責任問題として押し付けるか。

いい加減対策を考えないと気軽に街を歩けなくなる。

声をかけてきた連中全てをいっそのこと柳さんに差し出してやろうとも目論んだが、寸前で思いとどまった。

あの人に厄介事のネタを与えるなんて、自殺行為にしかならない。

8月の終わりから今日まで、横にいる男と同類の者たちの話を聞き続けて判明したことがある。

この街は柳虎晴という男をあり得ないぐらい美化しすぎているのだ。

あわよくばと目を輝かせている男とわたしの温度差はどうしたものか。

あのはた迷惑な男のどこがいいのか、はっきり言って理解に苦しむ。

目の前の男も含め、憧れというフィルターを付けた状態で柳さんを見続けている連中は非常に厄介だ。

わたしの言葉なんて聞く耳持たないだろうし、本当のことを言ったところで柳さんの悪口にしか捉えられないだろう。

しまいには「お気に入りだからって調子に乗るな」と怒りをあらわにされて、敵意を向けられては元も子もない。

あんなのは一度体験すれば十分だ。

愛妻家のくせに女子高生を口説き落とそうとする、お調子者。吉澤倖龍をからかって遊ぶのが趣味で他人の迷惑は全く考えない。

柳虎晴は自分の楽しみのために周囲を動かしている――なんて先日ナンパしてきた男に自棄になって伝えたら激怒された。

断じて嘘はひとつも言ってない。

しかしこうして近付いてくる男を相手にしないことに対しても、「柳さんをひとり占めして優越感に浸ってやがる」と多少の反感が出てきているのは知っている。

だからといってわたしにどうしろと?

 

「ねえ、結衣ちゃんから柳さんに俺のこと、紹介とかできないのかな?」

「……あの人が経営している店を教えますので、ご自分で直接どうぞ」

「いや、柳さんが喫茶店してるなんて街では常識だよ。俺みたいなのが何のアポもなしに会うなんて恐れ多いことだし、だから結衣ちゃんが――」

 

……もう嫌だ。柳さんはこの街でどこまで神聖視されているんだ。あの人は王様か。

しつこい男に限界を感じていると、ロータリー内に2人乗りのバイクが入るのを見つけた。

ほっと胸を撫で下ろし、男から離れる。

 

「あ、ちょっと!」

 

駆け足で車道へと向かうと目的のバイクはタクシー乗り場の傾斜から歩道に乗り上げ、わたしの前でエンジンを止めた。

後ろに乗っていたマヤがバイクから降りる。

 

「ごめんなさい。遅れちゃったかしら」

「時間通りだよ。わたしが早く来すぎただけ」

 

茶色のヘルメットを外したマヤは軽く頭を振る。

わたしを追いかけてきた男の足が固まった。

バイクを運転していた三國先輩がフルフェイスの黒いヘルメットを抜いで、冷たい一瞥をくれたからだ。

男はこちらに向けて伸ばしていた手を引っ込めて、気まずそうに眼を泳がせる。

 

「誰かしら?」

「放っておいていいよ。ただの柳さんのファンだから」

「……あの人の?」

 

マヤの顔が少し引きつる。

そうそう、わたしが望むのはこんな反応だ。

話をしているうちに、男は人の波に紛れていなくなっていた。

 

「問題ないのか?」

 

これからマヤを送り出すにあたっての不安から、三國先輩が軽く睨むようにわたしに聞く。

 

「見かけたから声をかけてきたって感じでしたし、それほどこちらに執着はないはずですよ。最悪は自滅覚悟で柳さんに押し付けますから」

「……ならいい」

 

自分で言っておいてなんだが、少し早まってしまったかもしれない。三國先輩のことだから、撤回は認めてくれないだろう。

いざとなったら柳さんに文句を言う前に、まず静さんと吉澤先生に相談しようと心に決めた。

マヤが三國先輩にヘルメットを預ける。

 

「行ってくるわ」

「うん。帰りも連絡入れて。迎えに行くから」

 

決してわたしには向けることのない満面の笑みを三國先輩がマヤに見せる。

わたしとマヤが駅のエスカレーターを上るまで、彼はその場で見送った。

相変わらずわたしの周りにいる恋人たちの熱は冷めない。向こうでマヤに何かあったらわたしは三國先輩に殺されそうだ。

切符を買って電車に乗り行き着いたのは日奈守の街。

ちょうど改札を出たところで、綾音と菜月が待ち構えていた。

 

 

いつの間に、というのが話を聞いたときの率直な感想だった。

週末に綾音ちゃんと菜月さんと遊びに行きましょうとマヤに誘われたのは、今週月曜日のことである。

わたしのいないところでマヤと菜月と、そして綾音が連絡先を交換していたのを知ったのはその時だった。

電話とメールで意気投合したこの3人。特にマヤと綾音が遊びに行く場所と日取りを決定するのに、連絡を取り合って1日もかからなかったというのだから、根本的にふたりは馬が合うのだろう。

夏休みに負った怪我がようやく完治しつつある綾音は、先日会った時と変わって松葉づえなしで歩いていた。眼帯も外されている。

そして場所は変わり、日奈守駅から歩いてすぐのショッピングセンター。

初対面とは思えないぐらい仲良さげに様々な店を楽しんで回る綾音とマヤの姿を目の当たりにし、2人の属性は同じであると確信した。

イコール、今日の買い物は恐ろしく長いものとなる。

 

「逃がさないわよ」

 

疲れてこっそり店を離れようとしたら、菜月に見つかって首根っこを掴まれてしまった。

 

「あんた体力が落ちたんじゃないの? まだ建物に入ってそんなにたってないじゃない」

「休日で人が多いんだよ」

 

見上げると菜月は苦笑して後ろから覆いかぶさるように顎をわたしの頭の上に乗せた。

この身長差はなんだ。長身な上にヒールのあるパンプスを履いている菜月とわたしには頭ひとつくらいの差ができている。

モデル体型の菜月はスキニ―パンツをのおかげで細くて長い足の形が良く分かる。

彼女がかつて街でモデルにスカウトされたことがあるのは知っている。それぐらいに菜月のプロポーションは抜群だ。

わたしと菜月を店の前で待たせ、マヤと綾音は店の奥でスタッフを交えて楽しそうに盛り上がる。

 

「あれが年相応のはしゃぎ方なんだろうね」

「やめなさい。こっちが枯れてるような言い方しないの」

 

言いながらも、奥の2人を見つめる菜月の目は優しい。

 

「綾音、学校は問題ない?」

「今のところはね。多少の反感は予想の範疇よ。でもやっぱり、気にしなくても周囲の注目ってのはあるだけで疲労がたまるものよ。どこかでガス抜きしないとやってらんないわ」

 

菜月の口調はどこか投げやりだった。

 

「菜月は大丈夫なの?」

 

顔を上げて聞いてみると、少し驚く菜月の瞳と目が合った。

さっきの言葉は菜月自身に経験があるから言えたものだと思う。

モノトーンとして名をあげた成見の隣で、菜月も周囲の注目を浴びているはずだ。

 

「むしろわたしは突っかかって来るやつらに、成見が何をやらかすかってことにいつもひやひやしてるわよ。あいつ、男女関係なく容赦しないから」

「……ああ、そうだね」

 

菜月の隣にいるために、問題児のレッテルを好んで受け入れてるやつだからなあ。

自分を制御できるのは菜月だけだという認識を、成見は常に周知徹底させている。そこには大人も同級生も、性別も関係ない。

成見の問題行動はもう慣れっこなので度が過ぎない限り仲間も止めることはないし、何より一番の当事者である菜月が達観してしまった時点でわたしたちは誰も口を挟まなくなった。

わたしを含めた札付き集団に常識のなんたるかを叩き込み続けた菜月の度胸は筋金入りだ。主に中学2年でこのスキルはいかんなく発揮されたのはいい思い出だ。

 

「成見が動くなら問題ないか」

 

あいつの恋愛観は執着と依存に偏りすぎている

けど、思いを向けられる対象が嫌がらなければ犯罪にはならない。

 

「綾音は今洋人と同じクラスだし、あいつも女子に睨みをきかしてくれてるみたいよ。逆に洋人との浮気説が浮上しているみたいだけど」

「そこら辺は言い出したらきりがないだろう。もし菜月と成見が綾音と同じクラスになったら、今度は成見に二股説が出てくるだろうし」

「ゴシップ好きって面倒ね」

「推測だけなら良し悪しに関わらずいくらでもできる。得られている情報が少ないぶん、解釈の幅も広がるんだろ」

 

わたしたちも他人に1から10まで説明することなんてないだろうし。

フィッティングルームで試着していた綾音がカーテンを開けた。

ダンガリー調の水色のシャツワンピースを着こなして、少し離れた位置から鏡で自分の姿をチェックしている。

うん。身内のひいき目抜きで可愛いよ。

 

「ま、結論からすると放置、相手にしないってのが一番であることには変わりないわね。分かり合う努力もしないで陰口や嫌みに文句をたれ続けるのは傲慢よ」

 

菜月の言うとおりだ。

度が過ぎない以上、こちら側から手を出すことはしない。

度が過ぎた相手は、見せしめに使うまでだ。

 

「菜月もこういうのだったらありなんじゃない?」

 

試着を終えた綾音が、襟ぐりに大きめのレースが付いたダークブラウンのチュニックを菜月に見せる。

 

「ガラじゃないわ。わたしが着られるのはこの店のだとあんたの後ろの人形が来ているので限界よ」

 

菜月が示したのは、デニムのシンプルなブラウスだ。

 

「……このスカート?」

 

分かっていながら綾音はわざとその隣にあるトルソーが履いている、タータンチェックのミニスカートを指差した。

 

「願望丸出しで来たね」

 

綾音は菜月限定の足フェチである。

 

「頼まれても履かないわよ」

 

対する菜月はパンツスタイルが定番な人だ。

スカートは制服しか持っていないと前に聞いた。

 

「もったいないわ。その足にどれだけ女のロマンが詰まってると思ってるの」

「女のロマンじゃなくてあんたのロマンでしょうが」

「そんなのどっちでもいいわよ。ねえマヤちゃん、このスカートにハイソックスとショートブーツで菜月が着こなしたら素敵だと思わない?」

 

綾音のこだわり。

足フェチだけど、形が出ていれば生足じゃなくても十分とのこと。

マヤが菜月を上下に2往復ほど観察する。スカート姿を思い浮かべているのだろう。

 

「……確かに、ぐっと来るものがあるわね」

「でしょ? 今度ナル君に提案しなくちゃ」

「あんたたち2人まとめて沈めるわよ!」

「なっちゃん、どうどう」

 

顔を赤くしてむきになった菜月をなだめる。菜月と綾音の言い合いは毎回どちらも引こうとしない。熾烈を極めると店側の迷惑になるので、ここらへんで第三者が止めておかないといけない。

店のスタッフがもったいなさそうに菜月を見ていたのは黙っておくことにした。

 

 

続く


BACK  TOP  NEXT

Loadingこのページに「しおり」をはさむ