モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 幕間「秋の夜道」

秋の夜道

 

 

街を歩いていたら知り合いを見つけた。
 
そんな時、声をかけるか気付かぬふりで通り過ぎるかは、時と場合と見つけた知り合いとの親密さによって変わってくるのだろう。
 
では、この男の場合はどうするべきか。
 
 
日中の日差しは強くいまだに残暑は厳しいが、夕方の風は涼しくなり始めた9月の終盤。
 
アルバイトが終わり、駅近くのドラッグストアに立ち寄った後の帰り道でのことだった。
 
商店街を自宅へ向かって歩いているとファーストフードの前に見知った人物を見つけた。
 
ガラス張りの店舗に体を預けスマートフォンを操作しているその人は、櫻庭一輝という。
 
同じ高校に通う先輩で、何度か話したことがあるけれど決して親しい間柄ではない。そんな距離感の人だ。
 
そしてこれからも、親密な関係への進展は希望しない。どちらかというと疎遠になりたい人物でもある。
 
あと10歩もしないうちにわたしはガラス張りになった店の前を通るのだが、櫻庭先輩は依然目線を下にして、スマートフォンの画面に集中したままだった。ならば話は早い。
 
こちらに気付いていないなら、わざわざ会釈や挨拶をする必要もないだろう。
 
道行く人たちの波に乗ったまま、そ知らぬふりでファーストフードの前を歩く。
 
 
「あ、結衣ちゃんじゃーん」
 
 
やたらとテンションの高い男の声はきっと空耳だ。
 
たとえやつがわたしを発見したとしても、聞こえていなかったことにしてやり過ごすはずだった。
 
わたしと先輩の間には同じく歩道を歩く人が2、3人はいたことだし、こちらが反応しない限りはファーストフードの前にいた目立つ男が呼んだ「結衣ちゃん」がわたしだとは、周囲にも認識されない。
 
人の多い街中で人目もはばからず大声で名前を呼ばれたならば、目立たずやり過ごす方法は無視に限る。
 
櫻庭先輩と話すことなどなにもないし、学校や街でそれなりに有名なこの人とはあまり人前で接したくない。そう望んでいる、というのに。
 
 
「結衣ちゃん、水口君が今日どこにいるか知らないかなー? さっき呼び出したんだけど、断られてさあ」
 
 
どうしてあんたはわたしについてくる。しかもちゃっかり隣に並びやがって。
 
 
「あれー、無視なのー? それとも聞こえてないのー? ここは柳虎晴さんのお気に入りの、高瀬結衣ちゃんのお通りだよーって、もっとでかい声で言わなきゃダメかなー」
 
「……わたしが凍牙の行動を逐一把握しているわけがないでしょう」
 
 
相手のしつこさに根負けして返せば、櫻庭先輩は騒ぐのをやめてくれた。しかし隣からは消えない。
 
あんたさっき、用事があってファーストフードの前にいたんじゃなかったのか。
 
 
「えー、仮にも水口君の彼女でしょー、きみ。彼氏の行動くらいは押さえておこうよ」
 
「ええ。先輩もご存知の通り、わたしは凍牙の仮の彼女だったわけなので、あいつがどこで何をしているか、常にチェックしているわけがないのですよ」
 
「あれれー、過去形になるのちょっと早すぎない? きみたちさあ」
 
「おかげさまで困りごとは解決できましたので。その節はありがとうございました」
 
 
櫻庭先輩の話には適当に合わせていたのだけど、お礼を言ったところで直感が働き口を噤んだ。
 
この手の勘は馬鹿にできない。嫌な予感がして、先輩との会話を頭の中で繰り返した。
 
ここでわたしが漏らした情報は、わたしと凍牙は互いの行動を把握していない、ということ。そして、夏休み中に行われていたわたしと凍牙の仮初の交際は、現在終了した。という2点だ。
 
別段知られて困るものでも何でもない。それなのに、やり取りを失敗したと思ってしまうのはなぜだ。
 
わたしの心境の変化に気付いているのか、いないのか。櫻庭先輩は特に態度を変えようとはしなかった。駆け引きに負けたようで、それがまた悔しい。
 
 
「そっかー、別れちゃったんだー。じゃあ今、結衣ちゃんはフリーってことだよねえ?」
 
 
こてんと首をかしげ、高いテンションをひっこめた先輩はやわらかく笑う。
 
 
「俺はね、きみのこと、そんなに嫌いじゃないよ。それに、出来ればいつもそばにいてほしいと思ってるくらい、意識してる」
 
「そうですか」
 
「あれ? それだけなのー? 俺の一世一代の告白を、きみってばたった5文字で流してしまうの? あーあ、ショックだなあ。きみにとっては俺ってその程度のものなのか」
 
 
押さえつけられられた彼のテンションは10秒もしないうちに元通りだ。
 
 
「そんなことありませんよ。きっと」
 
「うわー、なんか含みのある言い方するねえ」
 
「ところでいつまでついてくるつもりですか?」
 
 
いい加減付き合うのもばかばかしくなり、単刀直入に聞いてみた。
 
わたしのぞんざいな態度に櫻庭先輩は肩をすくめて立ち止まる。
 
 
「困ったことがあればいつでもアークにおいで。相談くらいは乗ってあげるから」
 
「その時があれば、よろしくお願いいたします」
 
 
適当に返して、家路を急ぐ。
 
櫻庭先輩との会話の中で不用意に食って掛からなかったのはおそらく正解だった。
 
何が一世一代の告白だ。
 
 
――きみのこと、そんなに嫌いじゃないよ。
 
 
つまは嫌悪感がこみ上げるほどわたしのことは嫌いじゃなくても、好きではないってことだろう。
 
 
――いつもそばにいてほしいと思ってるくらい、意識してる。
 
 
言い方を変えれば近くに置いて監視しておきたい、と。
 
あちらは隠すつもりもないのだろうけどわたしに対する情がかけらも感じない、とても分かりやすい言葉遊びだ。
 
今日櫻庭先輩と会ったことは偶然だったと思いたい。
 
先輩との話におかしな部分はなかったはずだ。だけどあのやり取りは単にわたしをからかっていただけなのか、意図があって言葉を選んでいたのかは判断に迷う。
 
ふと気になって、後ろを振り返る。
 
櫻庭先輩はまだ街灯の下に立ち体をこちらに向けていた。いつもの笑顔でひらひらと手を振ってきた先輩に会釈して、前へと向き直る。
 
多少の嫌な予感はしたけれど、不安になっていても仕方がない。
 
ひとまず話の内容は記憶の片隅にとどめておくとして、櫻庭先輩のことはいったん意識の外へと追い出した。
 
商店街を過ぎれば、道行く人の数も一気に減って、薄暗い夜道が続く。街の明かりが少なくなり、喧騒が消えた。
 
見上げれば、大きな月が雲一つない夜空にあって。
 
どこからか聞こえる虫の音が、秋の夜を演出していた。

 

 

end. 龍華編に続く


BACK  TOP  NEXT

Loadingこのページに「しおり」をはさむ