モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 間章「被り物を捨てる」3

被り物を捨てる 3

 

 ☆  ☆  ☆
 
 
 
出会ったころと比べて、彼女は確かに変わった。
 
他人を巻き込んで自滅に走ろうとする以前の危うさは消え去り、今の彼女は周囲が寄せるおびただしい数の好奇の目にもどこ吹く風だ。喧騒をスルーしながら学校生活を謳歌している姿は、2学期になって何度か校内で見かけた。
 
 
「結衣ちゃん」
 
「なんですか、野田先輩」
 
 
一度、この高瀬結衣という女の子にとっては理不尽でしかない周りの仕打ちを案じ、声をかけたことがある。俺はある種の責任を感じていたのかもしれない。
 
その時、彼女は俺の心配をよそに、冷たい笑みをたたえてみせた。
 
 
「別に野田先輩がわたしのことで心を痛める必要はないでしょう。むしろ何も起きていないのに、皇龍の人に気にされるほうが面倒です」
 
 
やんわりとした拒絶。柳虎晴さんと高瀬結衣の繋がりについての情報を街に広めたのは誰か、彼女が勘付いていないなどあり得ない。それなのに、俺をはじめとした皇龍の面々を、結衣ちゃんは全く責め立てようとしない。
 
かつての狂気とすら思える不安定な心を抱いた高瀬結衣はもういない。だが、周囲の敵意をものともせず、異様なほど普通の生活を送る彼女はやはりどこか不気味で、この先に不安を感じずにはいられなかった。
 
 
 
要注意人物、1年代表の高瀬結衣が何の目的もなく2年の教室に現れるわけがない。
 
警戒する俺をよそに結衣ちゃんはまんまと翔吾を釣り上げ、ふたりでいずこかに消えてしまった。俺も翔吾に同行しようかと考えたが、これ以上彼女を目立たせるのはまずいと思いとどまる。
 
呼び出したのが友人の彼氏だったという点で、用件はマヤちゃんに関する内容だろうと安易に推察もできた。
 
皇龍とは無関係な話にそこまで深く突っ込むのはどうかと迷いつつ、好奇心に負けて教室に戻った翔吾に用件は何だったのかと尋ねてみる。
 
翔吾は俺を一瞥し、興味なさげに「つまらない話だ」と言った。
 
 
「だからそのつまらない話が何だったのかを聞いてんだよ、俺は」
 
 
追及したところで長年の友人は腕を組んだまま微動だにしない。こうなると、たとえ俺がどんなにうるさく騒ごうがこいつは一言も漏らさないと、経験上知っている。
 
諦め交じりのため息を吐き出し、恨みがましく翔吾をねめつけ、おや? と気付く。
 
いつもはマヤちゃん以外の女に近寄られると隠さずに不機嫌な空気をまき散らすこいつが、そういや今回は通常の機嫌で帰ってきた。
 
もしかして、こいつは結衣ちゃんを女とみなしていない? いやいや、さすがにそれはないはず。
 
先ほどの短時間で、翔吾と結衣ちゃんは何を語り合ったのか。主題はマヤちゃんのことでまず間違いない。
 
そして会話を終えた現在のこいつの情緒から考えるに、ふたりの間で何かしらの目的が一致したのか。もしくは、結衣ちゃんの話は翔吾にとっても利のあるものだった……?
 
2限目の開始を知らせるチャイムが鳴って、推察はいったん打ち切りにする。
 
ふたりの接触は気になるが、皇龍に関わらない内容ならば多少は目をつぶってもいいだろう。
 
悪い想定ばかりを考えたところで、視野が狭くなるだけだ。
 
結衣ちゃんについても過剰に警戒せず、イレギュラーな行動に目を光らせておけば、今のところは十分のはず。
 
ひとまずは放置。それが最善だ。
 
――と。達観していた3日後。高瀬結衣は再び、2年の教室に現れた。
 
授業と授業の間にある休憩時間。俺たちのクラスに音もなく立ち入った高瀬結衣に気付けたやつは、おそらくそんなに多くはなかった。
 
集中した授業から解放され皆が自由に過ごす教室の、喧騒の中を颯爽と結衣ちゃんは突き進む。この子ってば、存在感は薄いくせになんて堂々と歩くんだ。
 
迷いなく翔吾の席の前に立った彼女の横顔は、一見すると無表情だが、密かな怒りが滲んでいる。これはおそらく気のせいではない。
 
 
「今朝、靴箱の中です」
 
 
そう端的に言って紙切れのようなものを翔吾に手渡し、彼女はさっさと教室を出て行ってしまった。
 
入室してから退出まで、10秒もかかっていない。結衣ちゃんに気付いたクラスメイトは驚き成り行きを観察していたが、触らぬ神に祟りなしと言わんばかりに誰も翔吾に質問しようとはしない。
 
馴れ合いを好まずクラスでも常に近寄りがたい雰囲気の三國翔吾と巷でうわさが絶えない後輩、高瀬結衣の組み合わせは、みなに好奇心よりも自衛を優先させたのだろう。
 
気持ちは分かる。俺も出来ればそうしたい。
 
でもなあ、見てしまったからには放っておくわけにはいかないんだよ。
 
 
「今の、結衣ちゃんは何だったんだ」
 
 
席に着く翔吾に歩み寄り単刀直入に問いただせば、こいつは不機嫌そうに俺を一瞥し、無言で4つにおられた紙切れを手渡してきた。これは先ほど受け取っていたものか。
 
念のため、後ろから覗き見をしてくる者がいないか注意を払いつつ、ノートを切り取ったであろう紙を広げ、中を確認する。
 
B5サイズの紙の中央には、罫線を無視して記されたいびつな文字が。
 
 
――津月マヤから離れろ  従わなければ やつを学校に来れなくする――
 
 
それは、紛れもない脅迫文だった。
 
文字の色と紙ににじむ具合からして、油性のマジックで書かれたと推察できる。筆跡を隠すためか、どの文字も線がいびつに波打っている。もしかしたら、あえて利き手と反対の手で書いたのかもしれない。
 
いや、文体や使用された道具などこの際どうでもいい。問題なのはメモの内容だ。
 
これを結衣ちゃんが翔吾に手渡したということは、どこぞの命知らずがメモで脅したのは、結衣ちゃんとみて間違いない。
 
そして彼女はマヤちゃんを守るため、速やかに翔吾へと手紙を託した。
 
本当に、それだけか? 俺は何か、重大なことを見落としてないか?
 
心の中でひとり焦る俺の手から、翔吾が紙切れを奪い返す。翔吾の顔には苛立ちや憤りこそちらついているものの、こいつはどこまでも冷静だった。
 
お前の大切なマヤちゃんが危険に晒されているにも関わらず、この余裕な態度。どう考えても、何かある。
 
 
「マヤちゃん、大丈夫なのか」
 
「手は打つから問題ない」
 
「ああ、そうかよ」
 
 
お前と結衣ちゃんの共闘とか、不穏でしかないんだが。
 
じっと紙切れを睨みながら、なんのこともないというように翔吾が口を開いた。
 
 
「高瀬がたやすく出方を予想できる程度の、くだらない小者だ。手づから首謀者を狩るまでもない」
 
「現段階では、か?」
 
 
前を向いたまま、翔吾は動かない。この沈黙は肯定だ。
 
マヤちゃんに対する害意を目の当たりにし翔吾が怒り狂わなかったのは幸いだが、引き続き注意は必要だと判断したところで話はいったん終了し、俺は自分の席へと戻った。
 
 
事態は思わぬ方向に突き進む。しかしそれも、所詮は誰かしらの掌の上で転がっているにすぎない。
 
まさか、結衣ちゃんに脅迫文を送った小者の親玉がクラスの中にいて、俺たちの話に聞き耳を立てていた、とは――。
 
軽い気持ちで出させたはずの手紙を、受取人となった女が三國翔吾に密告するという想定外の展開を間近で目撃し、そいつが顔面蒼白になって震えていた、とは――。
 
その時はまだ、知る由もない。
 
 
 
なんとなく、結衣ちゃんのことだからマヤちゃんの危機を翔吾に押し付け……、任せて終了、では終わらないだろうとは思っていた。
 
己の勘に従い、定時より早く終わった4限の授業後、チャイムを待たず教室を出た翔吾について行く。
 
こいつが面倒臭そうにしながらも俺の同行について苦言を漏らさないあたり、やはり何かある。
 
行きつく先は予想通りというか、やはり結衣ちゃんとマヤちゃんの在籍するクラスで。風を通すために開けっぱなしになった教室のドアの向こうに、眠たそうに頬杖をついて授業を受ける結衣ちゃんの姿を見つけた。
 
むこうも俺たちに気付いたようだ。一瞬目が合ったようだが、彼女はすぐに意識を黒板へと戻した。
 
俺たち、というよりも翔吾を発見した際、あの子の口はわずかに釣り上ったように感じたのは気のせいか。
 
ほどなくしてチャイムが鳴り、教師が授業の終了を告げ足早に退出していく。教室の生徒たちが昼食の準備をしようと椅子から腰を浮かせようとした、その時。
 
ダンっと、重く大きな衝撃音が皆の耳に入り――。
 
 
「ちゅうもーく」
 
 
室内のざわめきを抑えつけるように、抑揚はないがよく通る声が教室に響く。
 
最初の音は、結衣ちゃんが自らの両手を机に叩きつけたものだ。一番何もして欲しくない女の子が、動いてしまった。
 
授業後の開放感から来る、浮足立った喧騒が消えてゆく。生徒たちが動きを止めて何事かと音の出所に凝視する中、立ち上がった結衣ちゃんは颯爽と教室の前方へと歩いて行く。
 
 
「……おい、やめろ。高瀬」
 
 
そう言ったのは、俺も知っているやつだった。皇龍に所属する榎本が、引きつった顔で訴える。
 
 
「なにを?」
 
 
教壇の上に立って振り返った結衣ちゃんが、不気味に笑って聞き返した。
 
 
「お前が今からやろうとしている何かをだよ! どう考えても嫌な予感しかしねえ!」
 
 
榎本は彼女に叫んだあと、廊下ではあるが前側のドアに近いところに立つ、俺と翔吾に助けを求める視線をよこしてきた。期待に添えず申し訳ないが、ここは軽く手を振って「無理」と拒絶を示しておく。
 
悪いな。ここで乱入したら、間違いなく翔吾と結衣ちゃんに怒られるんだ。もうね、ふたりがよこしてくる眼力が「部外者は口を挟むな」って、どストレートに訴えてきてんだよ。
 
今後の信用問題に関わるので、ここは傍観者を貫かせてもらうとしよう。
 
結衣ちゃんはさっさと俺から意識を外し、榎本を冷たく突き放す。
 
 
「もう遅いよ。まあ、何かするのはわたしじゃないけどね。文句があるなら命知らずの誰かさんに言って」
 
 
それはそれは楽しそうに、魔女はにっこりと微笑んだ。
 
 
「先に謝っておこうか。みんなごめん、わたしの今後の安心のために、ちょっと犠牲になってくださいな」
 
 
普段が淡々としているだけに珍しく意気揚々と弾んだ口調が恐怖を誘う。
 
結衣ちゃんが教壇を降り、隅へと移動し窓にもたれかかるのと動きを合わせ翔吾が中に入る。教室にいる者たちの意識はすぐに結衣ちゃんから翔吾へと移された。
 
まさかの恋人の登場にマヤちゃんは目を見開いたが、クラスの大勢に混ざる彼女がこの場にしゃしゃり出ることはなかった。
 
皇龍幹部としても名が知れた三國翔吾を前に教室の緊張が一気に高まる。
 
注目を浴びる中、視線の中心にいる男はポケットから4つに折られた紙を取り出し広げてみせる。
 
 
「津月マヤから離れろ。従わなければやつを学校に来れなくする」
 
 
低い声で言い放ったのは、今朝結衣ちゃんが渡してきた手紙に書かれていたものだ。
 
ざわめきと共に教室の生徒は驚愕し近くにいる者同士顔を見合わせる。
 
 
「これは書いたのは誰だ?」
 
 
次いで発せられた問いかけに、今度は水を打ったように室内は静まり返った。
 
固唾をのんで見守るひとつ下の後輩たちは翔吾の琴線に触れぬよう息を潜めていたが、次第にどこか納得したような雰囲気が漂い出す。
 
教室にいる者たちの顔つきにはさほど恐怖というものは見受けられない。そのため名前を出されたマヤちゃんが誰よりも驚き目を見開いているのが、傍観している側からはよく見える。
 
全体的の反応はまあ当然か。翔吾がマヤちゃんを溺愛しているのは学校中が知っていることだ。そんなやつの口から放たれた、愛しい彼女を使った脅しの言葉。
 
そして晒されたるはその言葉か書かれた、1枚の紙きれ。
 
馬鹿な真似をするやつがいたものだと、呆れてしまうのも無理はない。
 
……って、あれ? なんかこの状況、おかしくないか?
 
そもそもあの手紙は結衣ちゃんに出されたものなのに、これじゃあここにいるやつらは、脅迫を受けたのは現在絶賛立腹中の翔吾であると判断してしまわないか。
 
なんだこれは。今この教室で、とてつもない勘違いが発生している気がする。
 
それにしても。すっかり蚊帳の外となった結衣ちゃんは役目を終えて素知らぬふりでも決め込んでいるのかと思いきや、予想に反し様子が違った。彼女は睨んでいるともとれる鋭い目つきで、ひとつの場所を見つめていたのだ。
 
だがそれも少しの間のことで、俺の視線に気付くと興味が失せたと言わんばかりに窓の外を眺めだす。
 
結衣ちゃんが睨んでいたであろう方向を観察し、いろいろと合点がいった。そこにいたのは、うつむきながら席について身を縮ませているひとりの女子生徒だった。
 
周囲が顔を上げて翔吾を見つめている中、その女子生徒の背中を丸めて首が垂れた姿はやたらと目立った。
 
なるほど。翔吾のパフォーマンスを、あの子は目的のものをあぶり出す手段に使ったのか。
 
 
「知っていると思うが、俺はマヤを傷つけるやつに容赦はしない」
 
 
うわ、すんげー直球に言ったな。お前らしいが。
 
マヤちゃん、顔を真っ赤にして俯いてしまったよ。
 
 
「これをかいたやつを知っているなら、そう伝えておけ」
 
「は、はいっ」
 
 
皇龍に所属しているやつらが数名、腹の底から返事をする。すっかりくせになってんだな。
 
翔吾はここで犯人捜しをするつもりはないらしい。紙きれをしまうと、嬉しそうにほおを緩ませマヤちゃんの元へ歩いて行く。もはや教室にいる他の生徒たちについては全く目に入っていないらしい。
 
これで終わり。ということは、何が一体どうなったのか。一歩身を引いて考える。
 
巻き込まれただけである結衣ちゃんのクラスメイト達。
 
彼らからすれば、翔吾が脅迫文をもらい、それに対して忠告に来たのだと。最初の結衣ちゃんの行動は、翔吾と同様にマヤちゃんを害する存在に立腹していると、クラス中に示したものと考えられてもおかしくない。
 
だが脅迫文を書いた張本人からしてみれば手紙は結衣ちゃんに宛てたはずだったのに、まさかの大物が出てきてしまったという状態だ。
 
あれは翔吾に出したものじゃないと弁明するのは、自分が高瀬結衣にあの手紙を差し向けたのだと告白するのと同じ。どちらにしろ、マヤちゃんを使ったことで翔吾が怒っている状況も変わらない。
 
そして、手紙を書いた張本人が知り得て、他の生徒たちには示されなかった情報がある。一連の忠告によって当事者とその他に分けられる認識の差異はなんといっても、ここだろう。
 
結衣ちゃんが自分にされたことを、翔吾に密告したという、ひとつの事実。
 
ちくり。告げ口。言い方はいろいろある。場合によっては有効な手になるが、タイミングやその後の対応を誤れば加害者の火に油を注いでしまう。
 
ていうか今回の結衣ちゃん、わざと失敗してないか?
 
 
「マヤ、行こっか」
 
「行くって……、どこに?」
 
 
彼氏のあまりの変わりように、さすがのマヤちゃんはたじたじだった。
 
 
「ん? 昼飯。遅くなってごめん」
 
「え、ええ」
 
 
完全な犬モードになった翔吾にうながされ、マヤちゃんは机の横に下げてあるカバンを手に取った。しかし結衣ちゃんが気になるようで、席を立ちながらも顔は教室の隅から自身の席に戻った友人を追っている。
 
教室内は未だ翔吾の存在にピリピリとした空気が流れてがいるが、徐々に平常の昼休みを取り戻しつつあった。
 
後輩たちは俺たちを気にしながらも、それぞれ昼食を取るべく動き出す。
 
 
「じゃあわたし、ちょっと行って来るから。彼氏さんとごゆっくり」
 
 
自らもカバンを手にした結衣ちゃんが、何事もなかったかのようにマヤちゃんに話しかける。
 
 
「三國でいい」
 
 
マヤちゃんの横に立つ翔吾が犬モードをやめて不機嫌そうに言う。
 
 
「お前の言い方はあからさま過ぎていらいらする」
 
 
きょとんと翔吾を見上げた結衣ちゃんが確認するように視線を落とす。答えを求められたマヤちゃんは混乱しながらもはにかみながら頷いた。
 
そんな友人に対し、結衣ちゃんは薄く笑む。さっきのわざとらしい笑みとは違い、自然な顔つきだ。
 
 
「分かりました。では三國先輩、後はよろしくお願いします。マヤも、また後で」
 
 
これはマヤちゃんへの説明を翔吾に押し付けて逃げるつもりだな。
 
マヤちゃんに軽く手を振ってから、結衣ちゃんが俺の方へと向かって来る。教室を出るころにはもう優しい笑顔は消えていた。
 
 
「分かっていると思いますが、余計なことはしないでくださいね」
 
 
廊下で全てを見ていた俺に釘をさすことも、彼女は忘れない。
 
 
「君はそれでいいのか」
 
 
もともと皇龍の上層部に属する三國翔吾の恋人として、マヤちゃんも学校では何かと目立つ存在だった。
 
一学期と比べればなりを潜めたもの、彼女に対して嫉妬心や不満を抱いているものは少なからずいるわけで、それは些細なきっかけでいつ悪意に変化してもおかしくない状態は常にある。
 
翔吾と結衣ちゃんが今回行った牽制は相手に対し絶大な効果をもたらすだろう。だがこのやり方だと、翔吾を後ろ盾にして守られたのはマヤちゃんだけで、結衣ちゃんの直面している問題はなにも解決しない。
 
これでは友人として行動を共にいるがためにマヤちゃんに向きかけていたヘイトを、結衣ちゃんが強制的に自分自身へと引き戻しただけだ。
 
 
 
「憤りのはけ口は必要でしょう」
 
 
彼女と肩を並べて廊下を歩く。周囲に聞かれないように声を潜める結衣ちゃんにならい、俺も声量を落とす。
 
 
「そうかもしれないけれど、君ならもっと簡単に相手を黙らせられるだろうに」
 
 
階段を下り、一階の廊下で足を止めた。見えるところに人はいない。
 
つまらなそうに、心底面倒だと言いたげに結衣ちゃんはため息を吐き捨て、目を細めた。
 
 
「みんながみんな野田先輩のように図太い神経をしていれば、わたしもこんな苦労はしませんよ」
 
 
……今のは褒めているのか、けなしているのか。
 
 
「くれぐれもよろしくお願いします。余計な真似をなさるなら、遠慮なく巻き込みますからね。」
 
 
靴箱で下靴に履き替え彼女は校庭へと去っていく。
 
加害者を全力で叩こうとしない甘い一面に意外性を感じながら、俺は結衣ちゃんの背中を見送った。
 
彼女にとっての災厄は、おそらくこれで終わらない。
 
 
 
  ☆  ☆  ☆
 
続く

BACK  TOP  NEXT

 
Loadingこのページに「しおり」をはさむ