モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 間章「被り物を捨てる」2

被り物を捨てる 2

 

☆  ☆  ☆
 
以前に比べれば悩みがなくなった分、心のほうにも余裕ができた。だからといって、わたしの嗜好は変わらないよ。
 
大衆の注目を集めるのは、精神的苦痛をともなうほど苦手ではないけど、好きか嫌いかと聞かれたら確実に嫌いだと断言できる。
 
何かしらの騒動に巻き込まれようものなら、沈静化までの過程を楽しむことはあるかもしれない。だけど自ら進んで騒ぎを起こすような真似はしないし、日常に刺激など微塵も望まない。
 
身の回りは平穏なのが一番いいに決まっている。
 
 
そう言い切った結衣の襟元には、1学期になかったシルバーのチェーンが見え隠れしていた。
 
夏休み中の、悩みに悩んで苦しんだ彼女を見ていただけに、穏やかに笑う今の結衣にわたしも安堵する。
 
心の重りは取れた。この先の学校生活に期待を寄せて、挑んだ新学期――。
 
 
2学期が始まって2日が過ぎた。たった2日。まだ2日しかたっていないというのにこの事態は何なのかと、いるかどうかも分からない神様を恨みたくなる。少し結衣に試練を課しすぎではないか。
 
昨日、始業式があって、本日、通常の授業が始まる。一日のカリキュラムを終えて、放課後を迎えた。
 
アルバイトへ行くため、ホームルーム終了後すぐに下校した結衣を見送り、教室で翔吾を待っていた時。クラスメイトに相談を受けた。
 
深刻な顔で憔悴しきった彼女が話し出したのは結衣のことで。なんでも昨日の部活が終わった後、部員たちでおしゃべりをしていたら結衣と柳虎晴さんの話題になり、そこから雲行きの怪しい展開に転がっていったらしい。
 
結衣は最近と言わず、高校に入学してから度々学校でうわさになることがあった。それゆえに、話しをしていた部員全員が結衣について興味を示し、その場は先輩後輩の上下関係を無視して全員が盛り上がっていく。
 
あいつは1年のくせに生意気。柳虎晴さんに目にかけてもらって調子に乗ってる。あいつ自身は大したこともないくせに――。
 
お決まりの陰口を一通り言い合って、ひとまずその場は解散となったのだけど、夜になって、部員で共有しているアプリのグループチャットに先輩から指令が来た。
 
――明日から、高瀬のこと無視ね。
 
その部活の所属者で、結衣と同じクラスにいるのは彼女だけ。先輩はグループチャットで全員に向けて命令していたけど、あれは明らかに自分に対しての指示だったと彼女は言った。
 
今日の朝練習終了後、例の先輩から直々に念押しされたそうだ。
 
何とか今日一日は結衣と接触せずに過ごせたけれど、このまま先輩の命令に従い罪悪感を抱いたまま学校生活を続けられる気がしない。
 
自分から結衣に言うのは、どこで誰が見ているかも分からないので怖くてできない。
 
 
「だから、津月さんの口から高瀬さんに、わたしのことを伝えておいてほしいの」
 
 
彼女はそうとう追い詰められているのか、今にも泣きそうな顔をしている。
 
始業式後のホームルームで吉澤先生がされた牽制は、どうやら効果があったみたい。じゃなきゃ彼女がここまで悩むこともなかったでしょう。
 
 
「吉澤先生に、このことは?」
 
 
聞けば、彼女は力なく首を横に振った。
 
 
「できれば、先生には言いたくない」
 
 
うなだれる彼女の気持ちは、分からないでもない。
 
なかば脅しともとれる口調でこれ以上迷惑をかけるなと言い切った先生に、昨日の今日で問題が起こったとはなかなか言い辛い。
 
あるいはことが表沙汰になって、先輩の指令を先生にばらしたのが自分だと周囲に知られ、部活に居づらくなるのを彼女は憂慮しているのかもしれない。
 
そうやって彼女に同情する一方、どこか冷めた気分で彼女と向き合う自分がいる。
 
先輩には怖くて逆らえない。先生にも、先のことが不安だから打ち明けられない。でも、自分が一方的に結衣を無視することは、罪悪感にさいなまれてできない。
 
だから、わたしが安心したいから、わたしがあなたを無視することをどうか許してほしい。つまりはそう言いたいのよね。「自分のためにあなたも犠牲になってほしい」と彼女の頼みを直訳してしまうわたしも、やはりどこかひねくれているのかもしれない。
 
なんにせよ結衣が誰かの害意に晒されている現状は、わたしにとっても心地よいものではなかった。
 
でもこれは、本人に伝えていいのかしら?
 
結衣のことだから、おそらくこの程度の陰口は全く気にも留めないと思うのだけど。
 
夏休みが明けてようやく心の枷が外れた結衣に再び憂いを運ぶのは、少しばかりためらいがある。
 
目の前で困り果てるクラスメイトの頼みを、簡単に聞き入れてよいのかどうか……。
 
 
 
「津月さーん」
 
 
返答に迷っているときに大きな声で呼ばれて、驚き肩が揺れる。声のしたほうを振り向けば帰り支度をしていた田所さんがいて、彼女は「むかえ」と言いながら視線でドアを示した。
 
教室の入り口には、いつの間にか翔吾が来ていた。口を一文字に結んで不機嫌そうにドアにもたれる翔吾に、わたしではなく共に話していた彼女が慌てた。
 
 
「じゃ、じゃあ、わたし部活に行くね」
 
 
早口に告げるや否や、彼女は急いで教室を後にする。
 
あっけにとられながらもわたしは田所さんにお礼を言って、翔吾の元へと向かった。
 
 
 
 
「くだらない。そんなものさっさと高瀬に伝えて、早く自分でどうにかしろと言ってやればいい」
 
 
帰り道、先ほどクラスメイトと話していた内容を翔吾に説明すれば、彼は迷うことなくそう言い切った。
 
 
「第一、あいつのことでマヤが悩んでいるのが気にくわない」
 
 
教室からここまで、翔吾はずっと不機嫌なまま。大きくなってもいじけた時の口調は昔と何も変わらない。子どものころから見てきた、彼のすねた態度が可愛くて、つい笑みがこぼれてしまう。
 
 
「そうね。結衣にはちゃんと伝えるわ」
 
「うん。それがいいよ」
 
 
翔吾は満足そうに顔をほころばせる。
 
 
「でも、結衣はわたしにとって大切にしたい友達だから、悩むことくらいは許してほしいわ」
 
 
穏やかになった翔吾の表情が、少しだけすねたものに戻った。寂しそうだけど嬉しそうで、でもどこか悔しさが滲む複雑な心が、繋いだ手の力加減から伝わってくる。
 
 
「……高瀬はたぶん、自分に向けられた悪意を知るのより、自分のことでマヤが悩んでいるほうが嫌だと思う」
 
 
 
そこらへんのあいつの考えは、分からないでもない。腹立たしいけど。認めたくないけど、と小さく呟く翔吾の手を、思わずわたしから強く握りしめた。
 
 
 
 
 ☆  ☆  ☆
 
 
 
 
 
 
他人に敵意を向けられるのは不快ではあるが、耐えがたい苦痛というわけではない。ただしそれをわたしが平気にしているからといって、周囲もまた平気であるべきだとは思っていない。
 
好奇の色を帯びた視線を苦手とする人はいてしかるべきだし、他人からの嘲笑によって心を壊す人が世の中にいて当然だ。
 
コミュニケーションのひとつとして世の中に蔓延しているいわゆる「グチ」というものは、話している者たちと第3者で内容の捉え方に大きな温度差が発生する。
 
当人たちは日ごろの悩みや不安を互いに打ち明け、共感し合い、そこから一人でないという安心と満足感を得ているのだろうが。事情を知らない他人にとっては、ひとのグチはただの悪口にしか聞こえない。
 
傷つく人がいるから、悪口は言わないほうがいい。そう胸を張って主張できる人間は、果たしてどれくらい存在しているのだろう。
 
悪口はよくない。いじめはいけないことだ。みんな頭でわかっている。
 
しかしたとえ自分でない誰かを傷つけると客観的に考えれば自覚できる行為であっても、加害に対する正当性を自分の中で見つけてしまえば人は視野が狭くなり、心の枷を失う。そこに自らが手を下す達成感と興奮を覚えてしまえば、もう歯止めは効かない。
 
グチと同様、己を不快にさせる誰かに対する攻撃を「いじめ」だと自覚して行為に及ぶ人間は、そんなにいないのではないか。
 
とはいえいじめの定義には、受け手の主観も重要だと全力で訴えたい部分もある。
 
例えば、今のわたしの状況について。街中に中学の恩師とのよく分からないうわさを流される。学校中からいらぬ注目を浴びて、ひそひそと囁かれる。時にはわざとこちらに聞こえるように陰口を叩かれ、廊下を歩けば見知らぬ生徒からビッチだぶりっ子だのと野次が飛ぶ。
 
ひとによってはこれは大問題なのかもしれない。
 
ただ、わたしは自分がひとより他人の悪意に鈍感なのは自覚しているし、自身も洗練潔白で品行方正というわけでないので現状を問題として大事にされるのはできれば遠慮したいところだ。
 
ありがたいことに当事者であるわたしの意志を無視して、あたかもこちらの気持ちを代弁するかのように被害を問題視してくる人は今のところ出てきていない。
 
わたしにも、今の理不尽としか言いようのない立ち位置を放置しているのには多少の思惑があるのだから、知らないところで発生する押しつけがましい正義はノーセンキューである。
 
わたしはひとの助けを必要としていないが、更なる害意はもっといらない。珍獣扱いしてくるのなら、遠巻きに観察するだけにとどめてほしかった。
 
もっともこれは希望であって、まったく期待はしていなかったけど。
 
 
「なんかごめん。巻き込んでしまったね」
 
 
困り顔で心配を寄せるマヤに、今回の一件で放置を決め込んだ自身の判断を少しだけ悔いた。
 
見ず知らずの人に生意気だと立腹されようがわたしに怒りを向けてくる分にはいくらでも構わないのだけど、その余波がマヤに及ぶのは不本意だ。
 
ことが大きくなれば周囲に影響が出てしまうのも、そうなれば一番に被害を被るのがマヤであるのも、分かり切っていたことなのに。もっと早くに対策を取っておくべきだった。
 
 
「わたしは大丈夫なのだけど、結衣は……」
 
「問題ないよ」
 
 
マヤに相談を持ち掛けた彼女とは、クラスメイトという以外の接点がない。
 
同じクラスにいるからといって毎日話をする必要もないわけだし、学校生活を送るうえで彼女とコミュニケーションをとる機会を探すほうが難しい。その程度の関係だ。
 
普通に生活している状態でも、先輩とやらに命じられた「無視しろ」とういのは成立してしまっている。
 
あとは気持ちの持ちようで、当人が罪悪感に駆られて思いつめなければいいだけだ。
 
 
「彼氏さんにこのことは?」
 
「昨日の帰りに話したけれど、まずかったかしら」
 
「ううん、むしろ逆。言っておいてくれて助かる」
 
 
わたしという気にくわない人間の、部活の後輩を利用した攻撃を意に介していない様子は、相手にとって不愉快で仕方がないはず。今度は別の手を使ってこないとも限らないし、用心は必要だ。
 
マヤを守るという点において、三国翔吾ほど頼りになる者はいない。万が一を見越して、情報は共有しておくべきだろう。
 
くだんのクラスメイトを責める気はない。先輩にいいように使われているのは災難だと思う。でもね、その人災のしわ寄せをわたしやマヤに押し付けてきたところで、彼女の望み通りにしてやる筋合いはない。
 
なにより加害のおおもとが気にくわない。逆らえない後輩を駒に使って、いい御身分なことで。人に攻撃方法を伝授しながら自分は高みの見物とか、武器商人みたいなことしてんじゃないよ。
 
1限目の授業が終了してすぐ、静かに教室内を移動し、机に教科書をしまっている例の彼女の真横に立った。
 
 
「無視していいよ。これはわたしのただのひとりごとだから」
 
 
前を見たまま言葉を発すれば、視界の端で彼女の肩がびくりとゆれた。
 
 
「事情はひとまず分かった。その点はあなたの好きにすればいい。だけど、もしも次、マヤにわたしとのつなぎ役を押し付けるようなことがあれば、その時はわたしが直接部活の先輩とやらに話を付けに行くから」
 
 
今のはわたしのひとりごと。だから相手の反応は気にしない。言うだけ言って、教室を後にした。
 
2限目の授業が始まるまで、時間に余裕はある。それでももたもたしていられない。
 
階段を下りて、2年生の教室がある廊下を進んだ。
 
行きついた先は2年4組の教室。目的の人物である三國翔吾はすぐに見つかった。
 
幸いなことに、教室の中をのぞいたわたしにあちらが気付いた。視線と顔の向きで廊下を示すと、彼はこちらの意をくんで席を立ってくれた。
 
三國翔吾が教室を出てくる前に、わたしも歩き出す。
 
時間差をつけてていてきてくれるのを見越してゆっくりと階段をのぼり、特別教室がそろう4階の人気のない廊下に来た。
 
そう待たずして姿を見せた三國翔吾は、わたしと3メートルほど距離を置いて立ち止まる。表情の消えた顔で、彼は口を閉ざしたまま品定めをするかのようにこちらを見降ろしてくる。
 
 
「現在、わたしが置かれている状況は、把握しているつもりです」
 
 
あちらの反応は期待していない。わたしの言葉を聞いてくれさえすれば十分だ。
 
 
「学校の人たちがわたしに対して何をしてこようが、それは別にいいんです。でも、わたしのことでマヤにまで被害が及ぶのは、本意ではありません」
 
 
マヤの名前に、三国翔吾の眼差しが剣呑なものに変わる。本当に、分かりやすい人だ。
 
 
「これに関しては、あなたも同じはず」
 
 
沈黙を貫く彼に、うっすらと笑いかける。
 
 
「彼女の安全のために、ひとつだけ協力してもらえませんか?」
 
「……内容による」
 
 
警戒心を前面に出した唸るようなつぶやきに、笑みが深まる。お願いに食いついてくれて助かった。
 
一呼吸おいて、表情を引き締め真剣に三國翔吾と向かい合う。
 
 
「今すぐに、というわけではありません。ただこの先、相手がこちらの想定している行動をとってきた際に、してほしいことがあります」
 
 
これはもしものための提案だ。近い未来、杞憂したことが起こらなければ、ここでわたしと彼が話をしたことを含めなかったことになるだろう。
 
この男は、マヤを守るためなら手段を選ばない。
 
 
「聞こう」
 
 
短い了承の言葉に、密かに胸をなでおろす。
 
マヤのために、なんて押しつけがましい大義名分は使わない。こんなものはただのわたしが自信の精神安定のために行うただの自己満足だ。
 
恋人を、友人を――。関係こそ違えど共通の大切な人を守る目的で、その日、三国翔吾とわたしの間に密約が結ばれた。
 
 
 
続く

BACK  TOP  NEXT

 
Loadingこのページに「しおり」をはさむ