モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 モノトーン編上ー0

 

 


   ☆  ☆  ☆

 

――卒業記念に何かしようか。

 

 

 

そんな話がみんなの中でで持ち上がったのは、中学2年に進級したばかりのころだった。

 

まだ気が早いと笑う人もいたけれど、3年の冬には必ずと約束したのが今ではとても懐かしい。

 

大切なものが手に届く位置にあって、わたしたちの関係はこのままずっと続くのだとばかり思っていた。

 

 

だけど夢見た未来は、どうしようもなく虚しい結果を迎えてしまう。

 

 

あの楽しい日々を壊したのは、大好きなあの子を遠ざけたのは、わたし。

 

 

わたしが弱くて、流されて、信じ切れずに、疑ってしまったから。

 

醜い感情をあの子にぶつけて、あの時のわたしは自分のことしか考えてなくて。

 

あまりにも子どもじみた独占欲と嫉妬心は、あの子を失ってからは後悔と自責の念に変わった。

 

 

ぽっかりと空いたあの子の場所は、他の誰にもうめられない。

 

 

 

 

 

卒業記念にみんなで作ったシルバーのペンダントタグ。

 

それぞれのプレートの下部に名前と卒業式の日付が彫られ、中央はアクリル絵の具でわたしがみんなのイメージイラストを描いた。

 

絵の具が乾いた後に透明の樹脂でコーティングして、それは完成した。

 

卒業式から半年以上たった今でも、ペンダントはみんな常時身に着けているはず。

 

 

――わたしの首にも、常に2つのプレートがかかっている。

 

ひとつはわたしのもの。

飛びかたを忘れて木に留まり続けるしかない、ちっぽけな白い鳥。

 

もう一つは、黒猫のシルエットが書かれたプレート。

座っている猫は見方によっては前を向いているようにも、後姿にも見える。

 

みんなの持つプレートに描いたイラストは、黒と白の絵の具しか使用しなかった。

 

話し合うまでもない、満場一致の選択。

理由は実に単純なこと。

 

 

色彩が入るとわたしたちが遠くなる.

 

 

あなたがそう言うのなら、わたしたちはいくらでも色みを捨てられる。

 

 

 

 

 

――ねえ、結衣。

 

 

あなたは今、何をしていますか?

 

幸せですか?

 

 

こんな自分勝手なわたしなんて、嫌いでいいから。

 

でもどうか、あなたの幸せをわたしたちが見届けることを許してほしい。

 

そしてもし今のあなたが苦しんでいるのなら、陰からでもあなたが幸せになる手助けをさせて……。

 

 

 

……もし、あなたがわたしを許してくれるというのなら――、

 

あなたにありったけのごめんねと大好きを、わたしに伝えさせて――。

 

 

 

   ☆  ☆  ☆

 

続く


BACK  TOP  NEXT

 

 

Loadingこのページに「しおり」をはさむ