モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 皇龍編上 After1

1.そして

 
 
 
 
くせ毛の金髪。
 
いつもは眠たそうな目をしているくせに、マヤちゃんといるときだけ気分が高揚する。
 
三國翔吾を紹介する言葉など、この二つで十分こと足りる。
 
俺が結衣ちゃんと水口に精神を消耗させられて、へとへとになりながらも溜まり場に帰ってきたときにはもう2人の仲は戻っていた。
 
少し早すぎはしないか。
 
そんなんだったら最初から別れるな。
 
心の中では言ったものの、実際口に出さなかった俺へのいたわりはどこへやら。
 
ご迷惑をおかけしてすみませんでしたと言って頭を下げるマヤちゃんに、「マヤが謝るのは俺だけでいい」なんて翔吾が言ったときにはさすがに手が出かかった。
 
総長他、3年の幹部の人がいなかったら絶対殴っていただろう。
 
なにはともあれ、翔吾とマヤちゃんはその日のうちに仲直りした。
 
 
次の日。
 
俺と翔吾とマヤちゃんは、一緒に登校した。
 
――いや、恋人つなぎで手をつないで歩く2人の後ろを、俺が距離を置いて付いて行ったってのが正解か。
 
一連の出来事で、翔吾は完全に開き直ったようだった。
 
マヤちゃんはどうしようもないくらい翔吾に甘い。
 
翔吾が強く出たら断りきれないのをいいことに、周囲にさんざん仲の良さを見せつけている。
 
彼女に手を出せば翔吾自身が動く、という牽制。そして別れたといううわさを消し去る目的のためだ。
 
効果は抜群なんだろうが。マヤちゃん、恥ずかしくて顔も上げられない状態だぞ。
 
登校中の生徒の目に晒されながらも、学校に到着した。
 
昇降口で靴を履き替えたところ以外は、廊下も階段も恋人繋ぎは続いた。
 
朝の予鈴5分前。
 
かなりの生徒が翔吾とマヤちゃんを見て固まっていた。
 
いつもは2階の階段で別れるところ、翔吾は1年の教室がある3階まで付いて行く。
 
1年の教室前廊下は突然の皇龍幹部、しかも恋人付きの出現に騒然となった。
 
よほど翔吾がレアなのか2、3年の生徒よりも周囲は落ち着きがない。
 
まさに珍獣だ。
 
堂々と翔吾が歩く廊下の先がモーセの十戒のごとく端までふたつに割れた。
 
奥にいる生徒には悪いが、俺らはすぐそこの1年4組で曲がるからな。
 
 
「あの、翔吾……」
 
「うん?」
 
「もうわたし、ここだから……」
 
「うん。着いたから入ろっか」
 
 
おいおい、お前も行ってどうする。
 
前のドアから堂々と翔吾はマヤちゃんの手を引いて教室に入った。
 
クラス全体が、時が止まったように動かなくなった。
 
誰もが恋人たちに注目している。
 
俺は前方のドアにもたれて見守ることとした。
 
やがて翔吾やマヤちゃんを意識しながらも、教室の生徒たちはそれぞれ動き出す。
 
皇龍に所属している1年が挨拶に来ようとしたが、それは片手をあげて押しとどめた。言葉もなく意思疎通ができるやつは嫌いじゃない。
 
 
「ちょっとマユユ、どういうことよっ」
 
「別れさせたって言ってたじゃん」
 
 
小声だったが確かに聞こえた。
 
俺の近くに集まっている女子の誰かが言ったのは分かった。
 
――こいつらか。
 
顔は翔吾たちに向けて、目だけを動かし集団を確認する。
 
教室に入って机にカバンを置いても手を離そうとしない翔吾に、マヤちゃんはたじたじだ。
 
挙動不審なマヤちゃんに、翔吾がふっと微笑んだ。
 
お前、この騒動でSの部分が覚醒しただろ。
 
そこから、予兆はなかった。
 
翔吾はいきなりマヤちゃんの手を引いて、小さな体を抱きしめた。
 
再び、教室の時が止まる。
 
あえて空気を読まずに、翔吾はマヤちゃんの頭の上に口づけた。
 
クラス中が唖然としている。
 
有名になっていて良かったな、翔吾よ。
 
一般生徒がやったら白い目で見られて終わってたぞ。
 
そういえばと、誰もが息を止める教室内を見渡した。
 
俺の強敵、ペースクラッシャーはまだ来ていなようで密かに胸をなでおろす。
 
 
「――俺の、だから」
 
 
翔吾の低い声が、教室に響く。
 
目線は、俺の近くの女子集団に向けられていた。
 
さっきの声はこいつの耳にも届いていたらしい。
 
上目遣いの女子連中が肩をビクつかせてうろたえる。
 
体が放れたマヤちゃんは、魚のように口をぱくぱくさせていた。
 
もういっそ「そういうことをする翔吾は嫌い」ぐらい言ってやれ。
 
じゃないと調子に乗ってくるぞ。
 
予鈴の放送が教室に大きく響く。
 
 
「また、昼休み」
 
 
マヤちゃんの頬を優しくなでながらささやいて、翔吾は何事もなかったかのように教室を去っていく。
 
机に突っ伏したマヤちゃんは、顔も上げられないようだ。
 
耳まで赤いのが、俺のいるところからでも分かる。
 
ここで放置って、お前は鬼か。
 
とはいえマヤちゃんには悪いが、パフォーマンスとしては申し分のないものだった。
 
これでもまだとやかく言うのが出てきたら、遠慮なく皇龍で叩くことになるだろう。
 
俺も翔吾に続いて自分の教室に移動する。
 
 
いつ来て場を乱してくれるかとびくびくしていたが、ペースクラッシャーこと結衣ちゃんは最後まで現れず、ひとまずこの場は乗り切れたようだ。
 
 

 

 

 
続く

BACK  TOP  NEXT

 
 
Loadingこのページに「しおり」をはさむ