モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 皇龍編上1‐2

1-2

 

日差しに暖かさが感じられる季節だが、吹き付ける風はまだまだ冷たく感じられる。
 
入学式では薄紅色の花が枝を隠していた桜の木は、少しずつ黄緑の葉が茂り始めた。
 
高校の入学式から2週間が過ぎた。最初はよそよそしかったクラス内も、今では仲のいいグループが完成しつつある。
 
吉澤先生の俺様っぷりにももう慣れた。なんだかんだで、彼は態度が尊大なこと以外はいい先生だったようだ。
 
必要以上に生徒に干渉してこないし、授業の教え方も分かりやすい。
 
吉澤先生とは、入学式の日に目が合って以来一度も話をしていない。
 
最初はどうなるかと不安だった高校生活も、今のところは平穏だ。
 
クラス内で行動を共にする女の子もできた。
 
名前は津月マヤという。ハニーブラウンの髪をふんわりと軽めにまいている、可愛い系の女の子だ。
 
一緒にいるというだけで、別段仲が良いかとか、気が合うとかそういうわけではないけれど。
 
きっかけは体育の授業。教師に二人一組になるように言われて、誰も組む相手が見つからず最後に残ったふたりがわたしとマヤだった。
 
いわゆるクラスの「余り者」同士だ。
 
あれ以来、わたしとマヤはことあるごとに行動を共にはするけれど、だからと言ってわたしたちは四六時中くっついているわけでないし、互いに「自分」を尊重している。
 
だから――。
「お昼、行ってくるね」
 
「うん。行ってらっしゃい」
――わたしはマヤとお昼ごはんを一緒に食べることもない。
 
マヤには同じ学校に先輩の彼氏がいて、昼ごはんはその人と食べているらしい。
 
初めてそのことをわたしに伝えたマヤは、「ごめん」と悲しそうに謝った。
 
なにに対する謝罪かは分かっていたし、そのときはこちらも「気にしなくていいよ。彼氏さんを優先するのは当たり前」と普通に返した。
 
幼馴染らしい彼氏さんと、出会って一カ月もたっていないクラスメイト。
 
どちらを優先するかなんて、迷うまでもないと思う。
 
マヤが去った教室内。
 
女子のグループが机をくっつけ合って弁当やパンの袋を開けている。
 
ちらちらとこちらをうかがう視線が実にうっとうしい。
「高瀬さん、またひとりにして……」
「サイテーだよね、友達置いて彼氏のとこなんて」
クラスの一部の女子の会話は、ばっちりわたしの耳にも入ってくる。あちらは隠すつもりもないのだろう。
 
自分の陰口じゃないのだが、いい気はしない。
 
居心地の悪さにわたしは今日も鞄から弁当を取り出して教室を出た。
 
どうやらクラスの女子はクラスメイトよりも恋人を取るマヤが気にくわないらしい。
 
毎日のごとく昼休み、マヤが出て行ったあとに彼女たちはわたしをかわいそうな子として見てくる。
 
はっきり言って、大きなお世話だ。
 
ひとりは決して嫌いじゃない。
 
集団の中に紛れて話を合わせるより、ひとりでぼおっとしているほうが疲れない。
 
嫌いなのは、あからさまな同情、好奇の目線。それらが空気と混ざってねっとりとまとわりついてくるのが、とにかく苦手だった。
 
 
だからわたしは、今日もひとりでゆっくりお昼が食べられる場所を探して校庭を散策する。
 
グラウンドや部室のある南側は、教室の窓から常に見える場所で昼には生徒が常にいるのは既に把握済み。
 
反対の北側、職員駐車場のあるほうの校舎の陰はめったに人がいない穴場だということも、入学してからの2週間で知れた。
 
それでも人気のないところを狙って二人で昼を過ごしている恋人たちがたまにいるわけで、そういう時は見なかったことにして素通りするようにしている。
 
今日はどこにも人がいて、結局校舎からかなり離れた第二体育館まで来てしまった。
 
剣道部や柔道部が使用しているこの建物は、規模は小さいものの二階建てだ。
 
二階建て――ということは、非常階段がある。
 
ならばそこの踊り場で食べようかと足を進めたが、どうやら先客がいた。
 
男子生徒が非常階段の一段目に座っている。
 
ここもだめか。
 
さっきと同じで素通りして次の場所を探そう。
 
こんな場所までひとりで来る女子が珍しいのか、男子生徒がこちらを凝視しているのが分かる。
 
すぐに消えるからそんなに見ないでほしい。
 
男子生徒の横を通り過ぎようとしたとき、ちらりと階段に座る彼を視界に入れて――、わたしは思わず二度見した。
 
頭の中が真っ白になった。
 
顔は彼に向けたまま、一定の速さで動いていた足がぴたりと止まる。
「……は?」
間の抜けた声が口から洩れた。
 
どうして。いや、まさか。でも、だって。
 
望みもしていないのに、脳みそが勝手に過去の記憶を掘り起こしてくる。
 
まだ忘れるには早すぎる、中学生だった頃のだ。
 
当時黒かった髪の色は明るい茶色に変わってしまっているし、体格も心なしか大きくなった気もするけど。
 
不機嫌に結ばれた唇や、隠そうともしない冷たい視線には、とてつもない既視感を覚える。何より顔立ちは、あの時とほとんど同じなわけで。
 
「すみません。知人のそっくりさんだったので、びっくりして見ちゃいました」
 
「……おそらく同一人物だ」
 
そうであってほしいという望みは、本人によってあっけなく否定された。
 
目の前の人物はわたしから目を離し、持っていたパンにかじりつく。
 
「……水口、凍牙?」
 
「ああ」
 
こちらの心情など知ったことかと言わんばかりに、口の中のパンを咀嚼した後、当然のように彼は首肯した。
 
突如、走馬燈のごとく頭を巡ったかつての思い出が、わたしから考える力を奪っていく。
 
足元がふらついた。
 
後先かまわず物を言いそうになったわたしが思いとどまり冷静さを保てたのは、ひとえに肌寒い外の温度が多少なりとも頭を冷やしてくれたからだろう。
 
春の風は、まだまだ冷たい。
 
 
 
 
 続く

BACK  TOP  NEXT
 
Loadingこのページに「しおり」をはさむ