モノトーンの黒猫

モノトーンの黒猫 prologue

prologue

 


 
 
どうしようもない事態など、さほど珍しいものではない。
 
 
天才はイコール全知全能というわけではないだろうし。どんなに頭脳明晰で、容姿に優れて、由緒ある家柄の者であったとしても、望んでいない結末は来るときにはやってくる。
 
ましてや学業の成績はいつも人並で、表情が乏しく、突出した出自もない人間――つまりわたしにとっては、「こんなはずじゃなかった」という結果などもはや日常だ。
 
 
 
わたしは中学生の時にやんちゃした。
 
いや、別に煙草を吸ったわけでも、学校の窓ガラスを割って暴れていたわけでもないのだけれど。授業については多少さぼりもしたが、それも内申に若干響く程度のものだ。
 
それでもわたしは中学時代、問題児だった。
 
正確に、さらに詳しくいえば、問題児として主に教職員から扱われていたのはわたしと、そして当時の仲間たちである。
 
かつての中学校でなにをやらかしたかは思い出したくない黒歴史なので、今のところは割愛しよう。
 
問題は、高校受験の願書締め切り当日に、わたしと仲間が大喧嘩をしたことにある。
 
わたしの中学が3年の生徒と保護者に向けて設定した締切日――。忘れもしない、12月20日のことだった。
 
喧嘩については、誰が悪いわけでもない。
 
ただ、長年にわたって少しずつたまっていったマイナスの感情が、タイミング悪くその日に爆発しただけのことだ。
 
しかしながらその喧嘩の末に、わたしは当初みんなと行くはずだった志望校を変えることとなる。
 
先生に口止めしたうえで、住んでいる街とは違うところの高校を受験した。
 
望まぬ結末の先で自ら選択した未来に、後悔はない。
 
こんなはずじゃなかったという思いはあるけど、同時にこれでよかったのだとわたしは心のどこかで安堵していた。
 
あの日以来、気まずくなった仲間とは離れた。
 
居場所がないわけではないのに、どこか居づらさを感じていた家も出た。
 
 
これからわたしは、わたしを知る人が誰もいないこの街でいちからのスタートを切る。
 
 
 
 
 
皇龍編上へ続く

TOP  NEXT

 
 
Loadingこのページに「しおり」をはさむ